2019年09月11日

食欲の秋、塩分の秋、糖分の秋…

皆さまこんにちわ!
周りの田んぼも稲が伸び、そろそろ実も膨らんでくる頃でしょうか?秋の気配を感じる一方で、まだ気温の方は最後の暑さ!と言わんばかりに30℃を超えたり、扇風機をしまうタイミングに悩む毎日です(笑)

秋といえば『食』!我が県大本命のりんご、米、他にもきのこやサンマ、さつまいも、栗などなど・・・
とりあえず食の誘惑が止まらない季節がやってきます。高血圧・糖尿病と格闘している方にとっては、食べたいけど食事療法も頑張りたい・・・なんて時には一番来てほしくないシーズンになると思います。だって、美味しいものいっぱいあるもんね・・・(´・ω・`)
旬の食材は、その時期に食べてこそ栄養満点の状態で摂取できると言われています。なので、サンマもきのこも、さつまいももみんな食べてあげたいものです。少しだけ食べ方に工夫をして、せっかくの日々の努力を無駄にせずに美味しく味わいましょう!

例えば、サンマの塩焼きにおろし大根を添えて食べる・・・想像だけで美味い(*´ω`*)おろし大根には、きっとお醤油をだばーっとして食べますよね?松橋も、だばーして食べます(笑)でも、これでは塩分がかなり多くなってしまいます。おろし大根ではなく、サンマに醤油をちろっとかけて、おろしを乗っけて食べたほうが醤油は少なく済みます。意外とちゃんと美味しかったですよ(*^^*)
あとは、さつまいもや栗なんかは糖分が高いので、食事をした後にさつまいも1本ペロリと食べてしまうと、もう大変な量の糖分を摂取することになります(゜o゜)さつまいもを食べる時は、主食の量を少しにするだけで糖分の摂り過ぎを予防できます!

税率の10%への引き上げも迫り、憂鬱なこともありますが旬の食材に元気をもらいながら過ごしましょう!
では、本日はこれにて失礼致します\(^o^)/
posted by fck_staff at 14:50| 生活療法