2020年06月26日

夏はマスクとどう付き合う?

皆さまこんにちわ!
青森県におけるコロナの猛威は、一旦落ち着いたように感じられるこの頃です。県またぎの移動も規制が解かれ、県外ナンバー車がチラホラ出現するようになりました。コロナ禍が下火になったとはいえ、いつ第二波が来るかは分かりません。買い物客もマスク装着を継続している方が多い印象です。
しかしながら「夏でもマスク」には馴染みがありません。ムシムシしてる時に顔面に何かを貼り付けておくなんて( ゚Д゚)!嘘やろ( ゚Д゚)!蒸されて肉まんになってしまう( ゚Д゚)!・・・肉まんにはならないでしょうが(笑)、不快指数はきっと急上昇でしょう。

そんな皆さんに朗報です。6月1日に、コロナ感染予防に関連する医療学会が合同で提言を公開しました。
熱中症も防ぎたいし、コロナも防ぎたい。どうしたらいいの?について書かれています。
要点をまとめると↓
・マスクは基本つけた方がいいよ!
・でも、ソーシャルディスタンスを保てる環境ならマスク外して休憩していいよ!
・ステイホームしすぎると孤立独居の高齢者が出てくるから、こまめに連絡とってね!
・マスクしてると喉が渇きにくいから、渇きを感じてなくても水分とってね!
だそうです。
尾崎まめ風味.jpg
青森県は、関東以南に比べれば暑さはまだマシだと思います(経験上)。それでも、何人かは熱中症で救急搬送されているのが現状です。コロナと熱中症、2つの危険と戦わなくてはならない今夏をみんなで乗り越えましょう!

では、本日はこれにて失礼致します\(  ^ω^)/

posted by fck_staff at 12:32| 生活療法