2019年07月30日

夏場の血圧管理?

皆さまこんにちわ!
昨日は個人的にめちゃめちゃ寝苦しかったです。クーラーつけてるんですが、それでもなんだか暑くて(´・ω・`)扇風機がほしい!!!笑

さてさて、高血圧でお薬を飲んだり、自宅で血圧測定をしている皆さま。
医師からも、「夏は血圧下がるからね〜」という内容の話を聞いたことがあるかと思います。
なぜ下がるのか?ちゃんと知っているでしょうか???
先生が言うんだから下がるんでしょう?・・・うん、そりゃそうだけども!
知っておかないと意外と困ったりするので、紹介していきます!

どうして勝手に血圧が下がるのか?
夏は暑いですよね?暑いと、身体が熱を逃がそうとして、血管を勝手に拡げます。血管が拡がると、血管壁にかかる血流の負担が軽くなるため、血圧を測ってみると下がっている、というのがザックリとした解説です。
逆に、冬は寒くて血管がギュッと締まるので、血圧も高めになります。

じゃあ、いい事だらけじゃ〜ん!(゜∀゜)と思いますよね?それがちょっと違うのです。
降圧剤を飲んでいた場合、いつもと同じ量を飲んでいたら、いつの間にか下がりすぎていた!ということが起こり得るのです!!!普通に過ごしていて、「なんだか、めまいがするような?」と思っているうちに低血圧で倒れてしまったりする訳です。これを防ぐには・・・
@熱中症対策をしっかりする(特に水分補給をこまめに!)
A自宅での血圧測定をしっかり行う
です!Aに関しては、医師が診察の時に降圧剤を調整するかどうか判断するための大切な情報になります。夏は下がってるからサボっても大丈夫でしょ〜は、大間違いなんです(´;ω;`)!!
血圧はかる.png

自分の身体のためにも、毎日の血圧測定は続けてくださいね♪♪
では、本日はこれにて失礼致します(*´ω`*)ノシ

posted by fck_staff at 11:02| 高血圧