2020年02月22日

鼻水の季節がやってくる!

皆さまこんにちわ!
暖かい日が続いては寒い日が挟まり…しかし、雪は少ないまま春を迎える予感がする、そんな
今日この頃ですね。

さて、春と言えば花粉症持ちの方にはツラい季節です。花粉ちゃんがソヨソヨしてくると、目もかゆいし鼻も詰まるし、良いことないと思います(松橋は花粉症持ちでないので、ツラさが分かってあげられない…)。
花粉と戦う皆さんは、いつ頃からアレルギーの薬を飲み始めていますか?4月の、飛散真っ只中に慌てて飲んでいますか?
あるいは、鼻水が出始めたり、目がかゆくなってきたらでしょうか?

ご存知の方も多いかもしれませんが、アレルギー薬は症状が出てから飲んでも、すぐに鼻水やかゆみをを止めることはできません。アレルギー薬の作用としては、体がアレルギー反応を起こすのを抑えるものがほとんどです。よって、既に鼻水やかゆみが出ているものを、ピタッとゼロにはできないようになっています。
つまり、”アレルギー症状が出る前から”お薬を始めないとせっかくの効果も薄れてしまうというわけです。当院では、「3月上旬〜中旬まで」にアレルギー薬を使い始めることをオススメしています。今年は暖冬だったので、もしかしたら今から飲んでも良いかもしれません。
とにかく、花粉が飛び始める前に!が鉄則です。

お薬以外の花粉撃退法としては、外から家の中へ花粉を持ち込まないことが大切です。本当は外出を控えたいところですが、不可能なので花粉を最小限に抑える工夫をします。
@マスクをして外出する、帰宅したらすぐに外す。
A上着を玄関先でほろこってから家に入る。
B外から帰ったら、うがい手洗いに加えて洗顔して鼻をかむ。
今はマスクがなかなか出に入らない状態ですが、どうにか事態が収まるといいですね…。

花粉つらたん.png

芽吹きの春も、花粉や病気に負けずに過ごしましょう!
では、本日はこれにて失礼致します(  ´・ω・`)ノシ またね



posted by fck_staff at 10:34| 日記

2020年01月31日

新型肺炎から身を守るには

皆さまこんにちわ!
ニュースを眺めていると、決まってこの話題が毎日報道されていますね。新型コロナウイルスについてです。正直なところ、中国かあ〜遠いな〜でも東京の方は旅行者がいて大変だな〜くらいの気持ちで見ていました。しかし、関西の方でも旅行客と一緒だった添乗員やバス運転手、中国からチャーター機で帰国した方々の中から続々と感染が確認されてきました。
もはや他人事ではない・・・最果ての地、青森といえどなんぼなんでも心配になってきました。関西に拡大している、ということはいずれ北上もするでしょう。青森も安全ではないというわけです。

そこで忘れないでおきたいのが『感染対策』です。外から帰ったら手洗いうがいは勿論ですが、普段から外出する時にマスクを着用する、という行動をあなどるなかれ。知り合い(っぽいシルエットの人も含めて)に遭遇した際、自分が誰か理解してもらうためのシンキングタイムが必要になるのは難点ですが、光の速さで「わい、しばらくだっきゃ〜!!!」とハイタッチできない寂しさと引き換えに、新型肺炎から身を守ることができるなら、マスクするに越したことはありません。もしかしたら、化粧の時間も短縮できるかもしれませんよ\(^o^)/ 
※マスクしっぱなしだと目元しか見えないので(笑)

笑い話ではないですが、いざうつってしまってから(感染対策ちゃんとやれば良かった・・・)と後悔してもホントに遅いのです。コロナウイルスは、潜伏期間が長いようなので咳など全くしてない人からも感染するようです。隣に座った元気そうなご婦人が、もしかしたら感染者だったりすることもあるということです。恐ろしや・・・
マスクをする際は、使い回しは絶対にやめましょう!(マスクする意味がなくなります・・・)
一度帰宅して再度外出する時は、新しいマスクをつけることをオススメします。”99.9%シャットアウト!マスク3枚1500円!”とかいう謎に高価なマスクは使用しなくて大丈夫です。安くても、出入りの度にきちんと交換できる方が予防には効果的です。免疫力が低下している時も、あらゆる感染症に負けやすくなるのでモリモリ食べて負けない体を作りましょう( ゚∀゚)o彡°
マスクとばいきん.png
では、本日はこれにて失礼致します(  ^ω^)ノシ

posted by fck_staff at 15:16| 日記

2019年08月26日

お盆も終わり・・・

皆さまこんにちわ!
ご無沙汰しております、先月は張り切りすぎてしまい、「月2〜3回のペースでいいよ」という申しつけのおよそ3倍のスピードで更新していました(笑)反省の意を込めて、お休みしていましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

田舎の夏休み・お盆といえば、親戚が集まり、実家に帰省し、オードブルを囲んで飲んで・・・が定番ですよね?
おもてなしをする側も、もちろん美味しいものを食べることになるわけですが・・・
ここで真面目な患者様は、「お盆明けに診察があるのに太ってしまう、どうしよう」と焦るわけです。
実際に、お盆明けにいらした方は半分くらいが「盆にハメ外しすぎた、太ってまった」とおっしゃっていました。
太った.png
医療者の立場からものを言うとするならば「盆だろうと正月だろうと、自分の身体の管理はきちっとしないといけません!」と言わなければいけないところでしょう。が、私はみんなで過ごす雰囲気や空間を大切にしたい方なので、患者さんにも「盆と同じ生活をずっと続けるわけじゃないから、みんながいる時くらいはいいよ」と言ってしまいます。
確かに、節制はとても大切です。しかし、「ストレス」も大敵です。我慢のストレスが重なってドカ食いする方がよっぽど身体に悪いと私は思っています。ですから、「なんで自分だけ我慢しないといけないんだ」と思うくらいなら、年に1度しかない親戚の会合を楽しんでほしいと思います。

というわけで、お盆に横に成長した皆さん(松橋も勿論成長しました)、一緒に元に戻しましょうね!
では、本日はこれにて失礼致します(゚゚)(。。)ペコッ
posted by fck_staff at 12:08| 日記