2019年07月23日

熱中症かも…?に気付こう!その2

さてさて、本日は連続投稿しますよ!
続きですが、最後に1番の重症例を紹介します。

☆赤信号☆ 一刻も早く救急車を!!!レベル
・意識がない ・体がひきつる(けいれん) ・体が熱い
・呼びかけに対し返事がおかしい ・まっすぐ歩けない
⇒涼しい場所へ移動し、安静にする。身体が熱ければ冷やす。
 迷わず救急要請をする!!!

身体が熱いときの冷やし方ですが、冷え●タは意味がありません!
(冷感はありますが、温度として冷やす効果はないらしい…)
ですので、冷やしたタオルや保冷剤を巻いたタオルを
太い動脈のところに当てると、効果的に冷やせます。
(絵の赤い線が動脈を表しています)
冷却マップ.jpg
ますます暑さが本格的になっていく頃です。学生さんも夏休みに入りましたね!
熱中症対策をした上で、おおいに夏を満喫してください(*^ω^*)!!

では、本日はこれにて失礼致します<(_ _)>


posted by fck_staff at 15:17| 生活療法

熱中症かも…?に気付こう!

雨だね.png
皆さまこんにちわ!( ´∀`)ノシ
雨が降ったり止んだり…不安定な空ですね。

昨日は、とりあえず皆さんが運ばれないように!と思い、熱中症の予防策を紹介しました。
でも、熱中症だ?!となった時、え?ホントか?!?が判断出来ないと困りますよね(;゚ロ゚)
なので、本日は熱中症の主症状を、段階に分けて紹介していきます!

☆黄信号☆ すぐ対策すればなんとかなる!レベル
・手足が痺れる ・めまい、立ちくらみがある
・筋肉のこむら返りがある(痛い) ・大量に発汗する
⇒涼しい場所へ移動し、安静にする。可能なら水分補給を!

★点滅赤信号★ 改善すれば受診の必要なし!レベル
・ガンガンする頭痛 ・吐き気や嘔吐 ・身体がダルい
・身体に力が入らない ・集中力や判断力の低下
⇒涼しい場所で身体を冷やす。安静にし、十分な水分と塩分を補給する。
 水分を自力で摂取できない場合や、症状改善がみられない場合は病院受診を!

長くなっちゃったので、続きは別記事にしますね!p(゚Д゚;)=3
posted by fck_staff at 14:06| 生活療法

2019年07月22日

脱水症状・熱中症にご用心!

松橋溶ける.png
皆さま、おはようございます!
かなり暑さが厳しくなってきましたね。
我が家でも、ついにエアコンを稼働させる夜を迎えました。
前回のブログでも軽く触れましたが、熱中症はいつ何時なるか分かりません。むしろ、気を付けている方でもなってしまうものです。では、何に注意したら良いか紹介しますね('ω')g!!

ザックリまとめると、脱水症状が酷くなると熱中症になる、と解釈していただいても良いかと思います。要は、身体の水分が不足して様々な不調が起こるのです。そこで、脱水症状を起こさないための対策ですが、2つほど頑張るポイントがあります。

@水分補給を効果的に行う!
水分も、やみくもに摂れば良いってもんではないのです。ただし、喉が渇いた!と感じた時は、すぐに飲んでください。それ以外の時も、コップ1杯程度(200ml程度)を168回くらいに分けて飲むのが上手に水分補給するコツです。

A身体に熱を溜めない!
エアコンの話も出しましたが、室内であっても身体が熱を溜めてしまうと熱中症になります。太陽を浴びてないから大丈夫!と思わずに、室温・気温と相談して扇風機やエアコンを適切に使用しましょう。気合いで夏を乗り切る時代は終わりました!
特に、ご年配の方は頑張ってしまうこともあるかと思うので、一緒に居る方が調節していただくのも効果的かと思います。

体調管理には十分気をつけていきましょう!
では、本日はこれにて失礼致します(*^^*)b
posted by fck_staff at 11:12| 生活療法