2020年01月31日

新型肺炎から身を守るには

皆さまこんにちわ!
ニュースを眺めていると、決まってこの話題が毎日報道されていますね。新型コロナウイルスについてです。正直なところ、中国かあ〜遠いな〜でも東京の方は旅行者がいて大変だな〜くらいの気持ちで見ていました。しかし、関西の方でも旅行客と一緒だった添乗員やバス運転手、中国からチャーター機で帰国した方々の中から続々と感染が確認されてきました。
もはや他人事ではない・・・最果ての地、青森といえどなんぼなんでも心配になってきました。関西に拡大している、ということはいずれ北上もするでしょう。青森も安全ではないというわけです。

そこで忘れないでおきたいのが『感染対策』です。外から帰ったら手洗いうがいは勿論ですが、普段から外出する時にマスクを着用する、という行動をあなどるなかれ。知り合い(っぽいシルエットの人も含めて)に遭遇した際、自分が誰か理解してもらうためのシンキングタイムが必要になるのは難点ですが、光の速さで「わい、しばらくだっきゃ〜!!!」とハイタッチできない寂しさと引き換えに、新型肺炎から身を守ることができるなら、マスクするに越したことはありません。もしかしたら、化粧の時間も短縮できるかもしれませんよ\(^o^)/ 
※マスクしっぱなしだと目元しか見えないので(笑)

笑い話ではないですが、いざうつってしまってから(感染対策ちゃんとやれば良かった・・・)と後悔してもホントに遅いのです。コロナウイルスは、潜伏期間が長いようなので咳など全くしてない人からも感染するようです。隣に座った元気そうなご婦人が、もしかしたら感染者だったりすることもあるということです。恐ろしや・・・
マスクをする際は、使い回しは絶対にやめましょう!(マスクする意味がなくなります・・・)
一度帰宅して再度外出する時は、新しいマスクをつけることをオススメします。”99.9%シャットアウト!マスク3枚1500円!”とかいう謎に高価なマスクは使用しなくて大丈夫です。安くても、出入りの度にきちんと交換できる方が予防には効果的です。免疫力が低下している時も、あらゆる感染症に負けやすくなるのでモリモリ食べて負けない体を作りましょう( ゚∀゚)o彡°
マスクとばいきん.png
では、本日はこれにて失礼致します(  ^ω^)ノシ

posted by fck_staff at 15:16| 日記

2020年01月20日

お正月太りを早いうちに解消しよう!

皆さま明けましておめでとうございます。本年も皆さまにとってよい1年でありますように。
新年のご挨拶がとっても遅れました、元気です、松橋です。
楽しかったお正月はあっという間でしたね。女性の方は、お正月の準備や片付けに忙しくて休めなかった方ももしかするといらっしゃったかもしれないですね。どなたもお疲れさまでした。気を引き締めて新しい年を過ごしましょう!

さて、田舎の正月は大変なお祭りですね。大晦日から三賀日まで毎日食べっぱなし、飲みっぱなしのところも少なくないと思います。(なんてったって松橋家がそう)体重計に乗るのが怖かったですね、もう乗りましたか?悲鳴を上げる準備だけしてからそっと乗りましょう。
…2キロ、3キロは増えましたね。年明けの診察に来た方は、皆さんだいたい増えていました。
ただ、大切なのはこの後です。太ってしまった体重をそのままにして生活していると、ゆくゆくは太り続ける悪循環にもなりかねません。よって、この1〜2月の期間に増えた体重を戻せるように生活することをオススメします!松橋チョイスで、頑張れそうな方法を紹介します。

@腹八分目生活
お正月は、お腹いっぱいになるまで飲んで食べていたと思いますが、そのリズムをこの辺で正常に戻しておきたいところです。
そのためにも、腹八分目(満腹になってない状態)で食事をやめてみましょう。

ANHK体操強化月間
NHKでは、「みんなの体操」を毎日放送してくれています。中でも、ラジオ体操は5分ちょっとですが、体を目覚めさせるにはうってつけです。1日の代謝量も少し上がります。やってみてください。

B小さな目標コツコツチャレンジ
「よし、じゃあ1ヶ月で2キロ痩せよう!」と目標を立てても、ふんわりと月末を迎えて(あ〜、なんだかんだ1キロもやせなかったなあ)なんてことで終わることは珍しくありません。そこで、「よし、1週間に500グラムずつ痩せていこう」とします。すると、1ヶ月で2キロ痩せることと何ら変わりないのに、なんだか目標が簡単に思えてきます。このような目標の立て方も、自分のやる気を維持するためには良いかもしれません。

送別会、歓迎会シーズン前にお正月太りを解消しておきましょう!!!
では、本日はこれにて失礼致します(´・ω・`)ノシ
もち腹.png
posted by fck_staff at 16:19| 生活療法

2019年12月14日

嬉しい悲鳴(´・ω・`)


皆さま、こんにちわ!
雪が降って積もったと思えば、ザーザー雨で溶けたり、また吹雪いたり・・・忙しいですね。実は雪道を走るのが初めてな松橋さん(高卒後9年、お上におりました)、毎朝ドキドキです(笑)寒暖の差が激しいときは、体調も崩れやすいのでくれぐれもご注意くださいね!

さて、秋から冬にかけての時期、りんごが箱で玄関に置いてあったり、柿が紙袋いっぱいに届いたり、愛媛に知人がいたりすると、みかんまで到来する方もいらっしゃるかもしれないですね。嬉しい悲鳴です。しかも、一軒から貰えば十分ですが、これが3軒くらい別のりんごをくれた日には、食べるのが先か、あめるのが先か、真剣勝負が始まりますね(もれなく松橋家もそうです)
りんご完成.png
くれた方の好意は無駄にしたくない・・・でも1日3つもりんご食ってて大丈夫か・・・。葛藤の日々です。体重計とも、にらめっこです。やっぱり嬉しい悲鳴、叫んでおくしかない(・∀・)
真面目な話をすると、りんごも柿も、みかんも果物はみーーーんな『糖分』です(認めたくはないんですが←)。なので、ご飯も3食しっかり食べて、りんごも3つちゃっかり食べると、あら不思議、糖尿病の成績は悪化しますね。

体重然り、糖尿病の成績然り、ジェットコースターみたいに上がり下がりばかりでは体にも無理がかかります。しかし、田舎もんは人情にめちゃめちゃ厚いですから、りんごを腐らかしたくない気持ちもすんごく分かります。
勿論、気にせず山のようにりんごや柿をパクパク食べてもらっては医療者のメンツが立ちませんが、気に病みながら食べるりんごも美味しくないわけです。ここは一旦、食べるときは美味しくいただいておくのも手です。むしろ、これからの暮れ正月のごちそうシーズンを、いかにほどほどに抑えて過ごすか、に専念しましょう。その件については、別記事を書きたいです。

では、本日はこれにて失礼致します。残り少ない本年も、元気に終えて新年を迎えましょう\(^o^)/

posted by fck_staff at 11:45| 糖尿病