2019年08月26日

お盆も終わり・・・

皆さまこんにちわ!
ご無沙汰しております、先月は張り切りすぎてしまい、「月2〜3回のペースでいいよ」という申しつけのおよそ3倍のスピードで更新していました(笑)反省の意を込めて、お休みしていましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

田舎の夏休み・お盆といえば、親戚が集まり、実家に帰省し、オードブルを囲んで飲んで・・・が定番ですよね?
おもてなしをする側も、もちろん美味しいものを食べることになるわけですが・・・
ここで真面目な患者様は、「お盆明けに診察があるのに太ってしまう、どうしよう」と焦るわけです。
実際に、お盆明けにいらした方は半分くらいが「盆にハメ外しすぎた、太ってまった」とおっしゃっていました。
太った.png
医療者の立場からものを言うとするならば「盆だろうと正月だろうと、自分の身体の管理はきちっとしないといけません!」と言わなければいけないところでしょう。が、私はみんなで過ごす雰囲気や空間を大切にしたい方なので、患者さんにも「盆と同じ生活をずっと続けるわけじゃないから、みんながいる時くらいはいいよ」と言ってしまいます。
確かに、節制はとても大切です。しかし、「ストレス」も大敵です。我慢のストレスが重なってドカ食いする方がよっぽど身体に悪いと私は思っています。ですから、「なんで自分だけ我慢しないといけないんだ」と思うくらいなら、年に1度しかない親戚の会合を楽しんでほしいと思います。

というわけで、お盆に横に成長した皆さん(松橋も勿論成長しました)、一緒に元に戻しましょうね!
では、本日はこれにて失礼致します(゚゚)(。。)ペコッ
posted by fck_staff at 12:08| 日記

2019年07月31日

夏こそ糖尿病と上手く付き合おう!

皆さまこんにちわ!!!
一歩も外に出たくない松橋です(笑)出勤の時に野球少年とすれ違いました。
夏休みですね〜(*´ω`*)

さて、全然糖尿病に触れてなかったので、無理くり触れます!笑
夏といえば「水分補給」「塩分補給」が、至るところに表示してありますね。
糖尿病であっても水分補給は必要!ですが、少し気をつけてあげないと糖分過多になってしまうかもしれません。
というのも、汗をかく時はスポーツドリンクを!と叫ばれますが、このスポーツドリンク、結構糖分が高いです。
なので、むやみやたらに飲んでしまうと、食事に気をつけているのに血糖値が高いとか、HbA1cが改善してない!という結果になりかねません。せっかく頑張っているなら、結果として数字に出てほしいですよね!(´・ω・`)!

あと、皆さんのお話を聞いていて、紹介せねば!と思ったことがありました。
糖尿病だけど、お水は味がなくてイヤ!味のついたドリンクを飲みたい!でも糖分はなくしたい!の果てに、皆さんブラックコーヒーに行き着くんですね(゜o゜)賢い・・・
賢いんですが、ブラックコーヒーを水分補給代わりに!と思って飲んでいる場合はちょっと危険です。
コーヒーには利尿作用があるので、飲んでも水分を排泄してしまいます。むしろ飲んだあとの方が、体内は水分不足の場合もあります。無糖なら糖尿病にも悪くないよね!と思って気をつけてくださっているのだと思います。ブラックコーヒーも飲んでもらっていいですが、特に夏場は味付きの飲みものとしては「麦茶」をおすすめします!麦茶は、ミネラルも入っているので夏の水分補給にはもってこいだったりします。
おうちで活躍していないお茶のポットがあったら、今日からぜひ麦茶を作って冷蔵庫の一員にしてあげてください\(^o^)/
麦茶こんにちわ.png
では、本日はこれにて失礼致します!(*^^*)ノシ

posted by fck_staff at 16:59| 糖尿病

2019年07月30日

夏場の血圧管理?

皆さまこんにちわ!
昨日は個人的にめちゃめちゃ寝苦しかったです。クーラーつけてるんですが、それでもなんだか暑くて(´・ω・`)扇風機がほしい!!!笑

さてさて、高血圧でお薬を飲んだり、自宅で血圧測定をしている皆さま。
医師からも、「夏は血圧下がるからね〜」という内容の話を聞いたことがあるかと思います。
なぜ下がるのか?ちゃんと知っているでしょうか???
先生が言うんだから下がるんでしょう?・・・うん、そりゃそうだけども!
知っておかないと意外と困ったりするので、紹介していきます!

どうして勝手に血圧が下がるのか?
夏は暑いですよね?暑いと、身体が熱を逃がそうとして、血管を勝手に拡げます。血管が拡がると、血管壁にかかる血流の負担が軽くなるため、血圧を測ってみると下がっている、というのがザックリとした解説です。
逆に、冬は寒くて血管がギュッと締まるので、血圧も高めになります。

じゃあ、いい事だらけじゃ〜ん!(゜∀゜)と思いますよね?それがちょっと違うのです。
降圧剤を飲んでいた場合、いつもと同じ量を飲んでいたら、いつの間にか下がりすぎていた!ということが起こり得るのです!!!普通に過ごしていて、「なんだか、めまいがするような?」と思っているうちに低血圧で倒れてしまったりする訳です。これを防ぐには・・・
@熱中症対策をしっかりする(特に水分補給をこまめに!)
A自宅での血圧測定をしっかり行う
です!Aに関しては、医師が診察の時に降圧剤を調整するかどうか判断するための大切な情報になります。夏は下がってるからサボっても大丈夫でしょ〜は、大間違いなんです(´;ω;`)!!
血圧はかる.png

自分の身体のためにも、毎日の血圧測定は続けてくださいね♪♪
では、本日はこれにて失礼致します(*´ω`*)ノシ

posted by fck_staff at 11:02| 高血圧